So-net無料ブログ作成

路上強盗で猶予判決=裁判員「結論話し合って納得」−大阪地裁(時事通信)

 仲間とともに通行人に暴行し現金約10万円入りの財布を奪ったとして、強盗致傷罪に問われた無職金守被告(26)の裁判員裁判の判決で、大阪地裁(秋山敬裁判長)は17日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑懲役4年6月)を言い渡した。
 判決は「被害者の精神的苦痛は大きいが、50万円の支払いで示談が成立した」とした。言い渡し後、秋山裁判長は裁判員らからのメッセージとして、「交友関係に流されず、必ず更生してほしい」と諭し、被告は「はい」とうなずいた。
 裁判員を務めた30代の男性は、判決後の記者会見で「実刑か執行猶予かで迷ったが、(結論は)話し合って納得した」と述べた。
 判決によると、金被告は仲間の男とともに昨年4月、大阪市で男性(34)を路上に引き倒し、頭をけるなどして現金約10万円の入った財布を奪い、10日間のけがを負わせた。 

【関連ニュース】
【動画】ティファニー強盗、映像公開
【特集】裁判員制度
48歳男、17日に再逮捕=強盗殺人や死体損壊など4容疑で
不明男性強殺容疑で5人再逮捕=住宅代支払いでトラブル
裁判員裁判で初の区分審理=複数事件一括避け

消費税の議論早過ぎる=鳩山首相(時事通信)
<もんじゅ>評価報告おおむね妥当 原子力安全委PT(毎日新聞)
鳩山首相、小沢氏と距離? 枝野氏起用は支持率低落の歯止め?(産経新聞)
替え玉殺人・中国人妻の共犯男の控訴棄却(産経新聞)
<交通事故>原付きバイクと乗用車衝突 中学生3人重傷(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。